2012年3月30日金曜日

震災後の「いわき」を訪ねました。

いわきは、私の友人が沢山いる街です。羽鳥湖高原レジーナの森に赴任していた折にダンスの営業で随分と訪ねました。人情味のある方々のお陰様で、楽しい時を過ごすことが出来ました。今でも感謝です。そのようなことから、いわきは、大好きな土地柄です。 ただ、残念なのは、かなりの家々が震災の被害を受けたり、怪我をしたと聞いていました。本当に残念です。また、早朝に海岸線を車を走らせましたが、小学5年生の折に海水浴に伺ったところは、豊間海岸でしたが、その海岸の場所は、まったく流されてしまっていました。当時は、大きな道路に見えましたが、面影はありますが、小さな道路でした。大変なことでした。なんといっていいかわかりません。
ここに見有られる船舶2艙は、陸に打ち上げられて
いました。まだ、置きっぱなしになっています。
瓦礫の山です。すでに分別が行われていました。
まだまだ、このような瓦礫の山が、見られます。
奥には、「アクアマリーン」がみえます。
大きな被害を受けました。
たくさんの動物や魚が、死滅してしまいました。
手前は、ララミュウです。
豊間海岸からの海です。
「下野・会津・津軽の四季風景」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 ■伝統的食品のブログ

0 件のコメント:

コメントを投稿