2015年10月16日金曜日

秋の風景・稔

さきごろ、秋の福島路をさんさくしましたが、その時の黄金色の風景に魅せられました。
最近、大館曲げわっぱを紹介した際に、日本人は、米の文化と思い知ったばかりですが、この稔の秋をみるときに豊饒の歓びを感じました。
秋の夕暮れになると寂しさを感じます。
かつて、古代人は、秋になり、寒い冬を迎えるときにこの冬は、越せるだろうかと不安をいだいたものと思います。
何万人もの人々が、飢饉から餓死した時代があります。
いまでもアフリカやもろもろの国で、飢えから、亡くなる人々があります。
私たちの豊かさは、一朝一夕に成し遂げられたものではありませんが、戦後の70年を振り返り、私たちの父母や祖父母に感謝の気持ちを伝えたいと思います。
 「下野・会津・津軽の四季風景」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 ■伝統的食品のブログ
 

0 件のコメント:

コメントを投稿