2011年6月1日水曜日

観音沼の風景(油絵)が完成しました。2011.05.31

 昨日は、「観音沼で油絵に挑戦します。」から、とうとう出展の2点が完成しました。それで、上野の森の美術館の受け入れ事務局へ搬入して参りました。
 台東区の都立産業貿易センター台東館の5階に受付があり、出展料(2点で¥15,000)とともにお願いをしてまいりました。昨日が搬入の最終日であり、ずいぶんと大勢の受付の方が待機しておられ、きちんと対応できる体制がとられていました。
 今回の「第24回日本の自然を描く展」では、通常6,000点の応募と言いますので、選考結果がどうなるかは、分りませんが、今は、参加できたことに喜びを感じています。
 出来上がった作品2点をご紹介いたします。照明が難しくあまりきれいに撮れていません。

 今回、初めての油絵への挑戦で、随分と楽しい経験すなわち勉強をいたしました。スタート時は、描けるかどうかひじょうに不安でしたが、油絵は、描き続けられそうです。
 一番学んだことは、自然の風景を目で写し取る訳ですが、これが出来ません。先輩から「頭で描くんじゃない」と教えて頂きました。いかに見ないで描いているか、その都度「頭で描いている自分」を発見していました。楽しかったです。
 観音沼については、いくらでも描くスポットがあり、さらに四季折々に表情を変えています。観音沼の日曜画家の主になろうと思います。お訪ねいただければ、詳しくご紹介いたします。
「芽吹きの観音沼」 F10 油彩

「観音沼と社の森の風景」 F10 油彩
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。

0 件のコメント:

コメントを投稿