2011年1月11日火曜日

那須高原の冬風景2011.01.11

 昨日、那須高原の周辺を手仕事専科の工房取材で徘徊しました。とても光が溢れて那須高原を背景に美しい風景をつくっていました。カメラ練習で風景を写し取ってきました。
また、図書館からも写真のガイドブックを借りてきましたので、これから随時勉強します。どうぞ那須高原の冬風景をご覧ください。
●画像をクリックすると拡大します。
池田から千振開拓への街道が写真スポットとなっています。
Mt.ジーンズのスキー場が正面に見えるところです。
河川の葦や水面が落ち着きを出しています。全体の構図も
バランスも取り易いと思います。

上の写真を少しアップさせたものです。全体は把握できませんが、
山が大きく映る分だけ、迫力(存在感)が、出てきました。

同じ個所から、川下に向けて撮りました。

少し撮影個所を上手にずらして、牧草地を挟んでとりました。
牧草畑のなだらかな横線越しに那須連峰を撮りました。
これは、同じ場所から少し降りて、田圃の刈り取り後の面白さを
取り入れて、水田の畦の線をいくつか取り入れています。

バランスからでは、少し下がって、杉と緑の畑の位置を
1/2に持って行った方が良かったでしょうか?

奥には、農家があり庭木と庭の大型樹木が面白い景観となっていました。
手前の原っぱの横の蒲鉾型の線が面白くてとりました。
左上の電線に気がつかずに撮ってしまいました。

水田の畦道の横線と那須連峰の姿を対に撮っています。
左が切れなければ良かったのでしょうか?
千振からは、離れて、余笹川からの那須連峰です。
何となくまとまっていますが、如何でしょうか?
じぐざぐの横線の流れが、すごく必要と思います。
線については、交差するのも流れる線もともに必要ですね。
「下野・会津・津軽の四季風景」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間

0 件のコメント:

コメントを投稿