2011年1月29日土曜日

野州麻紙工房への風景2011.01.29

 今日は、「下野・会津・津軽 手仕事専科」の新規取材と諸用で宇都宮市から鹿沼市と粟野町、そして間々田まで伺いました。

 まず県立博物館元学芸部長の柏村先生から、手仕事についていろいろと大きな指針となるアドバイスを頂戴しました。
 そして大麻生産者の大森由久さんの「大麻(おおぬさ)、小麻(こぬさ)」商品の写真撮影、ギャラリー納屋(野州麻紙工房)の取材とかつて「きびがら細工」で、県民賞を受賞した青木行雄さん(故人)の孫に当たる丸山早苗さん(きびがら技術継承者)へご挨拶に伺いました。丸山さんには、「きびがら工房のきびがら細工」を「手仕事専科」の商品として取扱いたい旨をお願いして参りました。
 また、同じく「鹿沼の寄木組木・豊田木工所」の豊田社長から新製品の開発で、お話を伺って参りました。

 そして最後には、尾島先生宅にお借りしていたアルバムをお返しに伺いましたが、元気な尾島先生ご夫妻にお会いして、「手仕事専科」の進捗状況やブログ「下野・会津・津軽の歴史街道/尾島先生とのこと」の完成をご報告いたしました。とても喜んでいただき、ほっとしました。
    
 このようなことで、鹿沼から野州麻紙工房のある粟野町への山間部は、美しい風景も沢山あったのですが、時間一杯のスケジュールでしたので、写真に納めきれずにおりましたが、それでもいくつかの風景を納めましたので、ご覧ください。
※尾島利雄先生については、「下野・会津・津軽の歴史街道」に①~④シリーズで掲載しております。
●画像をクリックすると拡大します。

1月17日の下野手仕事会の新年会の折には、雪原で
撮影した箒川河川敷風景です。2枚のショットにしました。

 
箒川の左端を切りアップして構図に納めました。
上の構図と比較すると下の方が、アップしている分だけ
存在感が増し、面白いと感じているのですが。
如何でしょうか。
鹿沼氏から野州麻紙工房のある粟野町への
途中の河岸の風景です。奥の雪山は、日光連峰です。
とても美しい量感豊かな私の好きな山です。
隠れていますが、その左側には、男体山がどっしりとあります。
野州麻紙工房の里の風景です。
この風景は、粟野町の夕暮れ時を撮影したものですが、
雰囲気があって好きな光景です。
しかし、構図から見るとアンバランスであり、あまり美しい
写真ではないと思っています。

これまでの練習撮影から、習得したことですが、写真撮影で
重要な要素は、
①構図               7割
②光の活かし方         2割
③望遠、ワイド等のテクニック 1割 
このように感じています。
構図は、絶対的なベースになると思います。
「下野・会津・津軽の四季風景」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間

0 件のコメント:

コメントを投稿